大塚家具 赤字最大の72億円www 業績不振続く... 倒産秒読み?

大塚家具が発表した2017年12月期決算(単体)は純損益が72億5900万円の赤字(前期は45億6700万円の赤字)となった。赤字は2年連続で、過去最大。経営権をめぐる創業者一族の「お家騒動」後、企業イメージの立て直しが遅れ、業績不振が続いている。

売上高は前期比11.3%減の410億円。東京都などの郊外型大型店を中心に売り上げが振るわなかった。一部店舗の売り場面積縮小のため構造改革費用を計上したことも響いた。 


このニュースを受けてネットでは、

「株主の判断誤ったね。」

「中途半端なんだよなぁ…高級家具って訳では無いけど安くも無く。モノも悪くは無いんだけど、欲しい!と思う程でも無い。家買った時にショールーム行ったけど、これならニトリやIKEAでいいやって何も買わなかったな。」

「昔に比べ、嫁入り道具とかに大金出さないし、ネット販売やリサイクルショップの増加で、今の時代、


家具屋一本で経営やるのがそもそも無理があると思う。」

「この結果から見ても、先代の金持ち相手の商売の方がまだ良かったんかもね。」

「アベノミクスで富裕層が増えた事を考えれば高級路線のままで良かったのに低価格路線に舵を切って、富裕層からも見放され低所得者から見ればそれでも高い大塚家具なんで。結局は娘社長の策は下策だったという事だね」

「競合ひしめく業界で、お家騒動やってたらそうなるでしょ」

「大塚家具は確かにニトリやイケヤとは一線を画した客層のニーズに応じた商品の提供をしてますが、イメージがどうしても悪くなってしまってる。社長は解任すべきである。」

「400億程度の売上げで72億かあ 決算書読まないと分からんけど かなり危ないね」

「かなり前に使ってたマンションを最近整理した時、家具ってピアノなんかと違って下取りとかしてくれないから、結局金を払ってゴミとしてしか処分できないのが殆どで、新しい家にはもう必要最低限でいいなって思った。昔は、嫁入り道具で100万単位で売れてた時期もあっただろうけど、一部の人はともかく、そういう消耗品レベルに金を掛けない人は増えてると思うし、日本ではちょっと前の中層が減っていってるって事なんだろうね。」

「民事再生手続き開始も間近か?」

など、多くのコメントが書き込まれている。