任天堂 コロプラを提訴!! 特許侵害を主張「白猫プロジェクト」差し止め求める...

コロプラは1月10日、任天堂が同社に対し、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の配信差し止めと損害賠償44億円の支払いを求めて東京地裁に提訴したと発表した。

提訴は2017年12月22日付。任天堂広報室によると、任天堂は5件の特許について侵害されたと主張。「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」などが含まれているといい、現時点ではそれ以上の回答は控えるとした。


このニュースを受けてネットでは、

「記事によると何回か警告入れてるみたいだから仕方ないね コロプラのエンジニアが大変だと思うけど」

「商標権とか、著作権じゃなくて特許権か… 技術的なやつなのかな?」

「マリオカートっぽいやつあったけどあれかな?」

「これに限らず結構グレーなアプリ多いよね」

「コロプラやっちゃいましたね。前引け前に不自然に株価下がってるけど


これはこのこと知ってた奴の仕業かなあ。これから一体どうなることやら。」

「GREEは任天堂倒すとか公言してましたけど・・・」

「一昨年の9月ごろは確か白猫プロジェクトのクエスト内にマリオカートもどきのミニゲームが出た頃だからそれかなぁ」

「少ない給料でコロプラの株に手を出した俺これピンチじゃない?相手はゲーム界の王様やん」

「どんな特許で、どう決着するんだろうね。やっぱ任天堂の勝ちなんかな。」

「新しい技術開発は膨大なお金がかかります。その横取りを許しては、開拓者は育たず、その分野はすたれてしまうでしょう。今回の件が特許侵害にあたるかはわかりませんが、技術の保護は大切だと思います。」

など、多くのコメントが書き込まれている。