【悲報】ソフトバンクが電波法違反! 総務省から厳重注意される!ネットで非難殺到も...

総務省の中国総合通信局(中国地方の5県を管轄する地方支分部局)は、ソフトバンクが固定局4局を無免許で運用し、電波法違反をしたことに対し、1月10日に厳重注意を行った。

このニュースを受けてネットでは、

「ソフトバンクが厳重注意なんか気にとめるとは思えない。営業停止とか罰金100億とかじゃないと、黙認も同然だろう。」

「法律違反なのに、厳重注意で終わらすの?」

「ソフトバンクは色々とずさんだからなぁうちの知り合いの近所で、基地局を工事したとき、あまりにずさんな近所迷惑な工事やってて、ソフトバンクに苦情の電話したら、「その辺りでは基地局工事の予定すらありません」と言い切って謝罪もなし。」

「電波法違反で厳重注意?なにこのザル法」

「個人がこれやったら逮捕だろ。」

「ドローンレースだって皆無線局免許取得して開設してるのにね。アマチュア無線と比較して


規模も出力もケタ違いの携帯電話の基地局が無免許とかなんで厳重注意で済むのかわからん。クルマの無免許運転は交通4悪に数えられるのに。」

「テレビCM 見ても、適当でいい加減な会社 いいじゃないですか って言っているじゃん。」

「厳重注意だけで済むのか?一般人だったら罰金か懲役だよ。だいたいは罰金50万円x4局分、これも官庁と業者の癒着、忖度じゃねえかよ。」

「あんま関係ないかもしれんが、ソフトバンク光を導入する際、工事するから午前中は家にいろと言われたが、12時まで来ず。仕事に遅れるから電話をかけたら、工事は不要とのこと。 ずさんすぎ。」

など、多くのコメントが書き込まれている。