【悲報】女性の太ももの写真展が中止!!!

百貨店「池袋マルイ」(東京都豊島区)で9日から開催される予定だったイベント「ふともも写真の世界展」が中止になった。主催者や同店が2日、公式サイトで発表した。詳しい理由は明かさず「諸般の事情により」としている。

女子学生の制服や、水着が連想される衣装を身に着けた女性の太ももの写真約500点で構成する予定だった。インターネット上で「未成年者を思わせる」などと批判の声が上がっていた。
 
 
このニュースを受けて、ネットでは、

「未成年が問題だったらAKBとか未成年のグラビア雑誌はどうなの?」

「何だかなぁ。。。開催するの決定してたんならやった方がいいよ。その為に動いていた人達だっている訳だから。やってみて、批判があるならすればいい。最近、名前も顔も出さずに正義感振りかざして批判する奴が多いけど、何でも批判すればいいってもんじゃないと思う。」

「脚フェチマニアにはたまらんかったかもしれんね。」

「何をやっても批判はある 今回の主旨なんて企画を通す段階で批判が出る事なんか織り込み済みだと思うんだけど、


それでも開催決めたんだよね? もしも「思ったよりも批判が多かったから」とか理由で辞めたんなら、そんな見込みの甘いやつらに決定権持たせちゃダメ」

「女性のがダメだったら オッサンの太もも写真も混ぜつつ 開催したらええやん お客さん少なくなるかも知れんけどw」

「ねとらぼであからさまにエロ押し出して煽り記事出してたから 多分これ問題になるなと思ってたら、やっぱりなったか」

「老若男女のふともも写真ならまだ芸術とかなんとか言い逃れできるが」

「この時代によくそんなイベント堂々と池袋マルイでやろうと思ったな…叩かれるの決まってるだろうに」

「そんな写真展、入る方も気が引けるだろうけどな(笑) 少し考えたら批判されそうなの想像つくと思うけど、どうしても見てもらいたいんなら写真集出せばいいじゃん」

「普通に考えたら企画の段階でこれはちょっとという判断になると思う。そういうイベント案が通ったということは、内部にバランス感覚のある人がいなかったということになる。そういうの多いね。」

「何かとセクシャルハラスメントとか未成年者への事件とか多く報道される時期だったからタイミングが悪かったのかなぁと思う。」

など、多くのコメントが書き込まれている。