【悲報】 スバル 排ガス測定値も改ざん!! 叩かれないスバルに非難殺到もwww

スバルは2日、出荷前の車の燃費などを確認する「抜き取り検査工程」で、測定値の書き換えがあったと明らかにした。これまで改ざんの疑いがあった燃費に加え、燃費を算出する際に使われる排ガスの測定値も書き換えていた。社長交代の会見で吉永泰之社長は「大きな問題。根っこは企業風土にある」と話した。


このニュースを受けて、ネットでは、

「スバルは叩かれないのね」

「この類いの企業不祥事のニュースは、不思議と金曜日の深夜に発表される。まぁ、株価対策なんでしょうケド。そんなに体裁を気にするなら、


不正をしなければ良いのに。」

「国内メーカーすべてと輸入車の検査もお願いします。」

「スバルのルール違反がボロボロと出てくるのには驚いたが、「ルール違反」を擁護するスバリストが多いのにはもっと驚いた。スバルが好きなら擁護するのではなくて、この際膿を徹底的に吐き出させるべき。出来なければ三菱と同じ轍を踏むと思う。」

「スバルは3台乗ったが、メーカーもディーラーも断トツ酷かった。やはりなと思う。」

「何故スバルは叩かれないの?国もユーザーも誰も何も言わない感じに違和感を感じる。日産も誉められたものではないが、スバルの方が悪質な感じがします。別に日産党ではないけど。」

「大手製造業に勤めている人なら分かると思うが、品質管理値には規格と基準(呼び方は様々)が有って規格はいわゆるイエローゾーンであと少しで基準を外れますよってやつ。基準はレッドゾーンで出荷出来ないレベル。規格外れなら品質的に問題無いからワザワザ数値の偽装改ざんはしない、それをワザワザ書き換えて偽装してるって事は基準を外れてるって事。」

「スバルは正直、三菱系列とは違うと思ってた。企業風土ならもうだめだね。次の候補だったけど買わない。」

「現在スバル車に乗ってる。気に入ってるし、次もスバルで、と思ってたけどやめようかな。もっと真面目な会社だと思ってた。」

など、多くのコメントが書き込まれている。